5~7 在仙中学・高校生作品上映プログラム - 仙台短篇映画祭2018
1F
5
在仙中学・高校生作品上映プログラム
仙台市立郡山中学校郡中アニメーション2018
〜クラスでつながるリレーアニメーション〜
1階オープンスクエア 9/17(月・祝)13:00〜
入場無料

郡山中学校3年の美術では,「みなさんに笑顔になってもらう」ことを目標に,学年約200名の力を結集させたリレーアニメーションを制作しています。絵をバトンにして仲間の創作したキャラクターを預かり,自分のキャラクターの場面に向け動きをデザインしていく。自分のキャラクターは,次の仲間に託しつなげていく。今年の新作はどんなキャラクター達が動き回るでしょうか。どうぞお楽しみに。

制作:平成30年度仙台市立郡山中学校第3学年
1F
6
在仙中学・高校生作品上映プログラム
仙台工業高校模型部制作作品上映
1階オープンスクエア 9/17(月・祝)14:00〜
入場無料

高校生のコマ撮りアニメ自主制作で著名な仙台工業高校模型部が本年制作した最新作品を上映!
『ミニカーだいこうしん』 2018/日本/カラー/3分

監督:菅野風太/編集:早坂永都

あらすじ
学校の教室でミニカー達が人間のような複雑で軽快な行進をしていくムービーです。ミニカーにしかできないような面白い動きを作りました。
『ダンダン6』 2018年/日本/カラー/5分

監督:布澤 燎/編集:齋藤亮太

あらすじ
やすお君が高校を卒業することによって学校に住むことを決めたダンダン。学校を探検しているとたくさんのハプニングに襲われて…!?
『BS2018』 2018年/日本/カラー/4分

監督:橋本 快/編集:和田滉斗

あらすじ
舞台は学校、人気が絶えないメロンパンを巡って争う男子高校生たちのお話。校内を駆け回るスピード感。メロンパンはいったい誰の手に…?
『救出作戦』 2018年/日本/カラー/3分

監督:熊谷 豪/編集:細川晃平

あらすじ
捕まった仲間を見つけた戦車兵たちが仲間を取り戻すためにさまざまなトラブルを巻き起こすアクションストーリー。
『ダンダンおみくじ』 2018年/日本/カラー/1分

監督:早坂永都/編集:菅野風太

あらすじ
模型部初の観客参加型ムービーです。スマホを構えてご参加下さい。今日のあなたの運勢はいかに…!
製作
仙台工業高校模型部

部員13名。模型製作、模型を使ったコマ撮りアニメ制作、小学校や児童館でのワークショップ開催等を軸に活動。映像制作は部員の激減がきっかけ。廃部寸前の起死回生策として、顧問の下村先生率いる先輩方がコマ撮りを始めた。これが転機となり、メディアでも活動が紹介された。今までサポートして下さった方々への感謝の気持ちを忘れずに活動中。

1F
7
在仙中学・高校生作品上映プログラム
東北生活文化大学高等学校
美術・デザイン科& 片岡翔監督作品上映
1階オープンスクエア 9/17(月・祝)15:10〜
入場無料
『勇気』 13分

監督:小形真央

あらすじ
自信がなく気弱な優希の元に、夢空という名の謎の生徒が現れる。彼女の言葉に心を痛めたり、勇気を貰ったり……優希の心は揺れていく。
『モノクロの花』 9分

監督:中條理央

あらすじ
色覚異常の彩希は世界が白黒でしか見えない。暗がりを生きる毎日だったが、些細なきっかけで世界が変わっていく。
『LIKE LIFE GARBAGE』 8分

監督:佐々木壮太

あらすじ
僕は何も言わない。動かない。それを良い事にクラスの奴らは僕を痛めつける。それでも僕は受け止める。みんなの不満を、ただひたすらと。
『ぴんくかくてる』 17分分

監督:山崎鈴花

あらすじ
自分の趣味を恥ずかしがって閉じこもっているちひろは、ある日綺麗な花を見つける。それは、少女の腕に描かれたボディペイントだった。
『SWAN QUEST』 16分

監督:片岡翔

あらすじ
白鳥と書いてスワン。ゲーム好きの父に変な名前を付けられた少女は、勇者が自分で運命を決められないことを知っている。だけど白鳥は冒険に出る。広くて深い湖へ。
製作

東北生活文化大学高等学校 美術・デザイン科
平成13年度に普通科美術コースとしてスタートし、河北美術展において河北賞受賞をはじめ多方面で数多くの活躍している。平成25年度に「美術・デザイン科」を新設し、美術領域とデザイン領域を柱に幅広い専門教育を展開し、豊かな感性力・創造力・コミュニケーション能力を養うことを目的として、新たにスタートした。

映画制作のきっかけ

2013年から片岡翔監督を講師として映画制作ワークショップを開催。自分たちの手で短編映画を制作している。また、生徒がキャストスタッフとして参加する片岡翔監督作も毎年制作しており、2016年には『流星と少女』がプチョン国際ファンタスティック映画祭の公式コンペティションに選出。同年、アイリンブループロジェクト実行委員と共に、震災をテーマとした「ふうせん ふふふ、そら ららら」を制作した。

片岡翔[かたおか・しょう]

2014年『1/11 じゅういちぶんのいち』で商業デビュー。翌年『たまこちゃんとコックボー』が公開。脚本作に『きいろいゾウ』、『夏美のホタル』、ドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』など。昨年は小説『さよなら、ムッシュ』(小学館刊)を出版。