ウィスット・ポンニミット展 - 仙台短篇映画祭2017

ウィスット・ポンニミット展

1階オープンスクエア 9月18日(月・祝) 15:00〜16:00
15:00からの映像鑑賞料500円、展示・LR展は無料

タムくんの愛称で知られるタイ出身のマンガ家、ウィスット・ポンニミット。タムくんが手がけた数多くのミュージックビデオを上映します。あわせて「LR展」で展示された体験型アニメーション作品や原画の展示も同時開催。かわいくてやさしいタムくんワールドをご堪能ください!


©Wisut Ponnimi


上映作品
『透明雜誌FOREVER』 3分40秒

音楽:透明雑誌


『琥珀色の街、上海蟹の朝』 5分15秒

音楽:くるり


『ソフトクリーム』 2分41秒

音楽:原田郁子とウィスット


『Happiness is...』 5分1秒

音楽:Moderndog


『Slash』 3分51秒

音楽:joey boy


『ハリケーンドロシー』 4分

音楽:Wisut Ponnimit


『Meeting point』 1分35秒

音楽:Wisut Ponnimit+青葉市子


など全12作品。



監督プロフィール

ウィスット・ポンニミット Wisut Ponnimit

1976年タイ・バンコク生まれ。愛称はタム。1998年バンコクでマンガ家としてデビューし、2003年から2006年まで神戸に滞在。2009年『ヒーシーイットアクア』により文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞受賞。現在はバンコクを拠点にアーティスト・マンガ家として作品制作の傍ら、アニメーション制作・音楽活動など多方面で活躍する。主な作品に「マムアン」シリーズ、『ブランコ』(小学館)、『ヒーシーイット』シリーズ(ナナロク社)など。2016年には、新刊『ヒーシーイットレモン』刊行、個展「ほっとすぽっと」開催、くるりの楽曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」PV制作を手掛けたほか、さいたまトリエンナーレ2016にも参加。