新しい才能に出会う - 仙台短篇映画祭2019
7F
B
新しい才能に出会う
7階スタジオシアター 9/14(土) 13:30〜15:30
1,000円

仙台短篇映画祭を代表するプログラム。
今年は公募82本の中から皆さんにぜひ観ていただきたい3本の作品を上映いたします。
新しい才能の輝きを楽しんでください。
コメンテーターは俳優の片桐はいりさんです。
『祖母』 2019年/日本/モノクロ/20分
監督:大場丈夫
あらすじ
95歳になる祖母を訪れると古いアルバムを見せてくれた。今まで語られなかった祖母の話。幼少期に過ごした日本統治時代の韓国。戦争によって生き別れた「最初の夫」。歴史と人間の儚さを浮かび上がらせると同時に、祖母の独特な語り口はこの世界を生き抜く力強さをも表現していた。
プロフィール
ゲスト
大場丈夫 おおば・たけお

日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。現在、地方ケーブルテレビ会社番組制作部に在籍。

『閃光』 2018年/日本/カラー/17分
監督:鈴木郁也
あらすじ
高校に通う紗良には黒い扉が見えている。これは一体なんなのか。現実なのか夢なのか。小さい頃仲の良かった兄とは最近話さなくなってしまった。大人になれば大切な思い出や記憶は消えてしまうのだろうか。冷たく渇いた日々を送る紗良が自分と向き合い未来の選択をする。
プロフィール
ゲスト
鈴木郁也 すずき・ふみや

高校2年の時に新海誠監督の『秒速5センチメートル』を観て自分も映像を作ってみたいと志す。その後、東北芸術工科大学映像学科にて4年間映像を学ぶ。現在は東京のCM制作会社でディレクターとして働いている。

『夜の果て』 2019年/日本/カラー/20分
監督:佐藤安稀
あらすじ
ある月が綺麗な夜。彼女の夢を見た男。3年前に津波で亡くなった彼女。次の日も男は同じ夢を見た。月は昨日よりも大きく、美しさを増している。月が男を誘う。
プロフィール
ゲスト
佐藤安稀 さとう・やすき

1995年、山形県鶴岡市生まれ。東北芸術工科大学卒業。高校生の時に映画制作をはじめる。監督作『デイ・ドリーム』は、第18回長岡インディーズムービーコンペティションにて準グランプリを受賞、仙台短篇映画祭やヴェステロース国際映画祭など国内外で上映されている。