C ホセ・ルイス・ゲリン短篇上映 - 仙台短篇映画祭2017

Cプログラム ホセ・ルイス・ゲリン短篇上映

7階スタジオシアター 9月16日(土)15:30〜17:15

『シルビアのいる街で』が日本でも大きな話題を呼んだホセ・ルイス・ゲリン。常に劇映画(フィクション)と記録映画(ドキュメンタリー)を行き来するような実験的な作風で創作活動を続けるゲリンの短編4作品を東北で初上映します。


『アナへの2通の手紙』 2010年/スペイン/モノクロ/28分

©José Luis Guerin
監督・脚本:ホセ・ルイス・ゲリン / 撮影:アルバロ・フェルナンデス・プイグ

あらすじ

セゴビアのエステバン・ビセンテ現代美術館で発表されたインスタレーション『コリントスの女』に含まれる映像をまとめた短編。大プリニウスの『博物誌』をもとに、西欧絵画における「絵画の起源」を考察した、映画と絵画をめぐる実験的な映像作品。



『サン゠ルイ大聖堂の奴隷船サフィール号』 2015年/フランス・スペイン/カラー/35分

©Perspective Films
監督・脚本・撮影:ホセ・ルイス・ゲリン

あらすじ

ラ・ロシェル映画祭の依頼で製作された、フランス西部の港町にあるサン゠ルイ大聖堂をめぐるドキュメンタリー作品。1741年に起こった奴隷船「サフィール号」の悲劇に隠された歴史物語をひもといていく。



『ある朝の思い出』 2011年/スペイン・韓国/カラー/45分

©Jeonju International Film Festival
監督・脚本・撮影:ホセ・ルイス・ゲリン

あらすじ

韓国チョンジュ国際映画祭の依頼で製作された「チョンジュ・デジタル・プロジェクト」の1作品。近隣の人々への取材を通して、男の生前の様子と、自殺当日の状況をカメラに映し出す。ひとりの死者の記憶と人生が描かれる。



『思い出』 1985年/スペイン/モノクロ/5分

©José Luis Guerin
監督:ホセ・ルイス・ゲリン

あらすじ

ゲリンが初期に撮影した創作日記風の短編。フランソワーズ・アルディの『男の子と女の子』が流れるなか、海辺でたわむれるゲリンと『ベルタのモチーフ』でベルタ役を演じたシルビア・グラシアが映されている



監督プロフィール

ホセ・ルイス・ゲリン

1960年、スペイン、カタルーニャ州バルセロナ生まれ。本名はホセ・ルイス・カロッジオ・ゲリン。 国際的な映画作家として活躍しながら、バルセロナにあるポンペウ・ファブラ大学(UPF)の教授もつとめている。 1983年、セゴビアの辺鄙な農村で撮影した初の長編映画『ベルタのモチーフ』を監督。 その後、ジョン・フォード監督の『静かなる男』のロケ地となった村を舞台にした異色の記録映画『イニスフリー』を発表し、国際的に注目を集める。 その後も『影の列車』『工事中』といった劇映画や記録映画を製作。長編劇映画『シルビアのいる街で』は世界各国で話題を呼び、 2008年の東京国際映画祭の上映時にはゲリンが初来日,2010年の公開時に再び来日した。 この作品で多くの映画祭や上映に招かれた際の記録として旅日記風の記録映画『ゲスト』を製作。 また、バルセロナ現代文化センターの展示用に製作した『メカス×ゲリン往復書簡』やチョンジュ映画祭の依頼による『ある朝の思い出』、 ラ・ロシェル映画祭の依頼による『サン=ルイ大聖堂の奴隷船サフィール号』など、ヴィデオ作品やインスタレーション作品も多数手がけている。 最新作『ミューズ・アカデミー』は2015年ロカルノ国際映画祭でワールドプレミア上映され、セビリア・ヨーロッパ映画祭で金ヒラルディージョ賞を受賞。 東京国際映画祭ほかでも上映された。常に劇映画(フィクション)と記録映画(ドキュメンタリー)を行き来するような実験的な作風で創作活動を続ける。 現代映画を代表する作家である。

■監督映像作品
『ベルタのモチーフ』(1983年/35ミリ/120分)
『思い出』(1985年/16ミリ/5分)
『エウラリアとマルタ』(1988年/35ミリ/18分/オムニバス映画『都市生活』の1篇)※
『イニスフリー』(1990年/35ミリ/108分)
『影の列車』(1997年/35ミリ/82分)
『工事中』(2001年/ヴィデオ&35ミリ/133分)
『シルビアのいる街の写真』(2007年/ヴィデオ/67分)
『シルビアのいる街で』(2007年/35ミリ/85分) 『ゲスト』(2010年/ヴィデオ&35ミリ/133分)
『アナへの2通の手紙』(2010年/ヴィデオ/28分)
『メカス×ゲリン 往復書簡』(2011年/ヴィデオ/100分/映画による往復書簡)※
『ある朝の思い出』(2011年/ヴィデオ/45分)
『サン゠ルイ大聖堂の奴隷船サフィール号』(2015年/ヴィデオ/35分)
『ミューズ・アカデミー』(2015年/ヴィデオ/96分)