I 今泉力哉監督短篇集〜仙台特別編〜 - 仙台短篇映画祭2018
7F
I
今泉力哉監督短篇集
〜仙台特別編〜
7階スタジオシアター 9/17(月・祝)15:30〜

人と人との距離感、リアルな息づかい―。今泉監督にしか描けない映画を、デビュー作を含めた4本の作品を仙台版にセレクトして特別に上映!商業作品公開が続々と控えている今こそ観ていただきたいプログラムです。
『此の糸(このいと)』 2005年/日本/カラー/35分

監督・脚本・編集:今泉力哉/出演:今泉力哉、高木美優、藤田一行

『Mother said, I sing. Wife listens.』 2011年/日本/カラー/3分11秒

監督:今泉力哉/出演:小林政広、東加奈子

『TUESDAYGIRL』2011年/日本/カラー/44分

監督・脚本・編集:今泉力哉/出演:関口崇則、高木珠里、木村知貴、片方一予、あや、青柳文子、葛上昇悟、古内啓子、今泉こはな、今泉力哉

『赤青緑』2017年/日本/カラー/24分

監督:今泉力哉/出演:今泉家のこどもたち

ゲスト
今泉力哉(いまいずみ・りきや)

1981年生まれ。福島県出身。『たまの映画』で商業監督デビュー。『サッドティー』『知らない、ふたり』『パンとバスと2度目のハツコイ』など、温度の低い恋愛映画をつくり続ける。「こっぴどい猫」でトランシルヴァニア国際映画祭最優秀監督賞受賞。公開待機中の最新作として、伊坂幸太郎原作、全編仙台撮影の『アイネクライネナハトムジーク』、角田光代原作の『愛がなんだ』がある。