新しい才能に出会うに作品をお送りいただいた皆様へ - 仙台短篇映画祭 2020

新しい才能に出会うに作品をお送りいただいた皆様へ

2020/06/21
仙台短篇映画祭に作品をご応募いただきありがとうございました。
仙台短篇映画祭2020は会場となるせんだいメディアテークの利用制限から、従来の形での開催が難しいため、延期・規模を縮小しての開催を目指すことになりました。応募作品を整理しながら中に書かれていたメッセージには映画祭に対する温かい気持ちを感じ本当に申し訳ない気持ちです。
新しい才能プログラムに関しましてはオンライン上映なども考えましたが、まず話し合いで行われる選考が満足に出来ないこと、またこのプログラムは作品の上映だけではなく作り手とコメンテーターそして観客が一体となって作り上げていくことを目的としています。そのかたちができないのであれば、今年の上映は諦めざるを得ないと判断しました。
お送りいただいた作品はご本人に返却という形を取らせていただき、お送りいただきました監督の皆様には6月12日までに連絡をお送りしております。
今回お送りいただいた作品をお預かりして来年度にまわすことも考えましたが、作家の方々は時間を置くと制作されたものを改めて編集し直したいということもありうると思い一旦返却するということにいたしました。
来年は9月の開催を行う方向でおります。その際はぜひまた参加いただきますようお願いいたします。
エントリーシートに記載された住所の変更等、またメールが届いていない等の場合 まで「新しい才能作品返却」の件名で返信を頂けますよう、よろしくお願いします。
© 2001-2020 仙台短篇映画祭実行委員会