公募プログラム上映作品決定 - 仙台短篇映画祭 2021

公募プログラム上映作品決定 (2021/7/15)

公募によるプログラム「新しい才能に出会う」上映作品が決定しました。
コロナ禍の中、短期間の公募にも関わらず48作品の応募がありましたことに深く感謝いたします。
どの方も不自由な中での作品制作であったにもかかわらず、見応えのある作品が多く選考に時間がかかりました。
本当にありがとうございました。
今年のプログラムコメンテーターは映画批評家の相田冬二さんになります。

上映作品は以下の3作品になります。

■『ニヒル』
山川智輝[やまかわ・ともき]

■『SHIBUYA,TOKYO 16:30』
大富いずみ[おおとみ・いずみ]

■『誰のための日』
名村辰[なむら・しん]

© 2001-2021 仙台短篇映画祭実行委員会