高校生頑張っています!在仙高等学校映画作品上映 - 仙台短篇映画祭 2023
Bプログラム [無料上映]

9/16(土) 13:45-15:45高校生の熱い映画をスクリーンで!R

昨年に引き続き大好評の在仙高校生のオリジナル作品をシアターのスクリーンで上映。クオリティの高さとつくり手の熱い思いが伝わる作品の数々をお楽しみください。

生活文化大学高等学校 上映作品

「消しゴムの回想」9分47秒

監督:今野優来
あらすじ
消しゴムとして生まれた主人公が、人間の人生に憧れる。友達の虎の消しゴムからの情報で恋した女の子が実は主人公の持ち主だったことを知り、葛藤を抱きながらも真実を受け入れる。


「紙飛行機の少女」12分04秒

監督:板鼻成葉
あらすじ
ある日の登校中、ユウタは落ちていた紙飛行機を拾う。それは、友達の神木が飛ばしたものだった。放課後、ユウタは神木が紙飛行機を飛ばしているところに鉢合わせ、紙飛行機を飛ばす理由を尋ねる。


「ななし」7分09秒

監督:宇佐美華恋
あらすじ
ななし様という噂話をする主人公とその友達。噂話をしたその日の放課後、主人公は不可解な状況に巻き込まれ学校からの脱出を試みようとする。その後、脱出することが出来なかった主人公だがななし様という噂話だけは受け継がれていく。

「かみひこうき」12分49秒

監督:葛巻沙織
あらすじ
高校1年生の翼は日時を書いたプリントをかみひこうきにして飛ばした。
後日、翼の元に飛ばしたはずのかみひこうきが現れ、その能力を知る。
ある日、親友の凛に学校でテストがあることを知らされた翼は、この能力を使ってテストを乗り越えようと考える。かみひこうきから始まる少女の少し不思議な日常の物語。
東北生活文化大学高等学校 美術・デザイン科

美術・デザイン教育を通して、豊かな感性を育み、創造的な表現力を養う。美術系大学への進学を目指すための実技指導を徹底する。一方で将来クリエイティブ業界で活躍できるように専門機関との連携を深め、より高度なIT・CG教育を展開している。


映画制作のきっかけ

2013年から片岡翔監督を講師として映画制作ワークショップを開催。複数のチームを結成し、企画から編集まで自分たちの手で短編映画を制作している。また、片岡監督と共に学校PR映画を制作し、国際映画祭での受賞実績もある。



仙台市立仙台工業高校 模型・動画部 上映作品

「ドリフトX4」2023年/日本/カラー/6分

監督:星陸斗|編集:髙橋祐稀、小野寺琥珀
あらすじ
メロンパンを巡るあのドリフトXが帰ってきた。今回の対戦カードは何になるのか。限定プレミアムメロンパンを巡る戦いは思わぬ結末に…。


「ダンダン9」2023年/日本/カラー/7分

監督・編集:小野寺琥珀
あらすじ
ある昼休みに飲み物を買いに行ったダンダンとワンワン。そこにはある生徒がいた。その生徒は…。


「ダンダンおみくじ5」2023年/日本/カラー/2分

監督:永坂知也、吉田のぞみ、伊勢崎悠人|編集:永坂知也、吉田のぞみ
あらすじ
視聴者参加型映像作品第5弾。途中で写真を撮ると運勢を占うことができます。あたりの超大吉を撮れると次の作品に出演できるかも!?カメラをかまえてご覧ください。


「コマ撮り教室2023~模型・動画部とあけぼの教室の子供達~」2023年/日本/カラー/10分

監督・編集:福來零
あらすじ
東宮城野小学校あけぼの教室の子供達と一緒に撮影したコマ撮り動画です。身の回りのものを使って子供たちのユニークな発想をもとに制作しました。
仙台市立仙台工業高校 模型・動画部 プロフィール

部員16名。模型製作、模型を使ったコマ撮りアニメ制作、小学校や児童館でのワークショップ開催等を軸に活動。映像制作は部員の激減がきっかけ。廃部寸前の起死回生策として、顧問の下村先生率いる先輩方がコマ撮りを始めた。これが転機となり、メディアでも活動が紹介された。今までサポートして下さった方々への感謝の気持ちを忘れずに活動中。



聖和学園高等学校

聖和学園高等学校の選択授業であるメディア芸術進学系では、漫画作品やアナログアニメーション作品を制作する授業を行っています。選択授業なので、初心者から始める人がほとんどの系です。その中でもアニメーションは素材作りや撮影に大変時間をかけて作ります。ぜひ、生徒の制作した作品をご覧ください!

クレイアニメ作品は鋭意制作中で、8月の完成を目指しています。2作品発表できる予定です。


© 2001-2023 仙台短篇映画祭実行委員会