MOOSIC LAB新作プレビュー - 仙台短篇映画祭 2022
Bプログラム

6/25(土) 13:00-15:10MOOSIC LAB新作プレビュー

『無限ファンデーション』のベテラン・大崎章、『ドンテンタウン』の新鋭・井上康平が2パートに分かれて即興映画を制作し2本立て上映する共作映画『ハッピーエンディングス』。新作MOOSIC LAB作品を1回限りの特別上映!

ハッピーエンディングス2021年/130分/カラー/ステレオ

監督:大崎章、井上康平|企画:直井卓俊|プロデューサー:篠田知典|スタイリスト:小宮山芽以|宣伝美術:三宅宇太郎|制作プロダクション:沼袋シネマ|配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
© ハッピーエンディングス製作委員会


[鳥を見にいく]

監督・編集:井上康平(『ドンテンタウン』)|音楽:菅原慎一|撮影:平井諒|照明:渡辺敬之|録音:佐藤美潮|ヘアメイク:仙波夏海|出演:北浦愛、中尾有伽、木口健太、細井じゅん、日高七海
あらすじ
親友同士のあやめとつぐみ。つぐみはある日、あやめをバカンスに行かないかと誘うが…。


[はじめての映画]

監督:大﨑章(『無限ファンデーション』)|音楽:大槻美奈|撮影:猪本雅三|サウンドデザイン:伊藤裕規|ヘアメイク:浅井美智恵|編集:篠田知典|出演:髙石あかり、和田庵、西本まりん、下川恭平、日下玉巳
あらすじ
高校生の仲良し男女5人組。ある日、思いつきで映画を自分たちで撮ることになるのだが…。
【6/24追記】[はじめての映画]の大﨑章監督の参加が決まりました。

大﨑章 おおさきあきら

1961年群馬県生まれ。龍村仁に師事してドキュメンタリー番組、CMなど制作。その後フリーの助監督として北野武監督、黒木和雄監督、庵野秀明監督など多くの作品に参加。2006年に『キャッチボール屋』(第18回東京国際映画祭・日本映画ある視点部門出品、第16回日本映画批評家大賞新人監督賞受賞)で長編監督デビュー。
2015年『お盆の弟』が公開、作品は内外から高い評価を獲得、第37回ヨコハマ映画祭にて主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞受賞の四冠に輝やいた。南沙良主演の『無限ファンデーション』は仙台でも上映された。

© 2001-2022 仙台短篇映画祭実行委員会