公募作品プログラム『新しい才能に出会う』 - 仙台短篇映画祭 2021

公募作品プログラム『新しい才能に出会う』/NEW TALENT COMPETITION

公募募集期間延長+対象作品拡大のお知らせ (2021/05/04)

公募作品プログラム『新しい才能に出会う』の作品募集に関しまして、締め切りを2021年5月20日(木)(消印有効)に延長いたします。
また募集作品の対象を2019年以降に制作された20分以下の作品に拡大いたします。皆さまの応募をお待ちしております。

新たな作品、新たな作家との出会いを求め、ショートピース!仙台短篇映画祭は新しい才能を応援しています!
ショートピース!仙台短篇映画祭は2002年から作品を公募しています。2002年、2003年はコンペティション形式でしたが、2004年から形式を変え、行っています。その形式は作品を上映し、現在映画界の第一線で活躍されている方々をコメンテーターとして招き、上映作品の監督、観客を交えトークセッションを行うというものです。当映画祭は単純にグランプリを決めるのではなく、映画を通して人々の声が交わり、新たな視点を知ることで、映画監督の次回作への刺激へとつながっていくことを期待しています。
映画は人々に見られて初めて映画として成立します。ぜひ、あなたの作品をスクリーンで上映してみませんか。

The Sendai Short Film Festival is searching for new work and new artists to submit short films to “Shortpiece.” A key aim of this festival is to showcase new talent. “Shortpiece!” Sendai Short Film Festival began in 2002, beginning as a competition and evolving into its current form in 2004. Today’s “Shortpiece!” consists of film screenings followed by a discussion with panelists including practitioners from the forefront of modern cinema, the film’s director, and the audience. We intend to use film to spark discussion, learn new ways of seeing, and even stimulate ideas for future projects. Only by being watched do films come to life. We hope to show your film here on the big screen!

開催要項/Key Points

■会期 2021年9月18日(土)~20日(月・祝)(3日間開催決定!)
■会場 せんだいメディアテーク
■主催 仙台短篇映画祭実行委員会
■共催 せんだいメディアテーク
■ゲストコメンテーターを招いてのトークセッションを開催。
締め切り:2021年5月10日(月) 5月20日(木)(消印有効)

■ Film Festival Period: September 18th-20th 2021 (Saturday to Monday-holiday period)
■ Location: sendai mediatheque
■ Sponsor: Sendai Short Film Festival Executive Committee
■ Co-Sponsor: sendai mediatheque
Deadlines: Must be postmarked by May 10 May 20, 2021

応募作品について/Application Requirements

1.応募者資格は一切問いません。
2.2020年 2019年以降に制作された「短篇映画」を募集します。
3.作品は20分以下のものとします。
4.オリジナル形式はフィルム(16mm、35mm ※8mm作品の場合テレシネが必要になります)、ビデオ(VHS、DV)、DVD、Blu-ray Discとします。
5.作品は、ひとり一作品のみとします。
6.過去に他の映画祭で受賞された作品の応募も受け付けております。(ただし、その場合は出品した映画祭の名称、年度などを必ず明記してください。また、本映画祭での上映に関する権利等の調整・手続きを済ませてください。)
7.映画内での言語が日本語以外の場合は、日本語もしくは英語の台本を添付して送付してください。

1. There are no restrictions on who can submit films.
2. The entries must be short films produced in 2020 2019 or later.
3. “Shortpiece” means a running time of under 20 minutes.
4. The submission format should be film (16mm, 35mm; 8mm must be Telecine), video (VHS, DV), or disc (DVD or Blu-ray).
5. Applications are limited to one per person.
6. Works which have already won awards at other film festivals can be submitted.
(In such cases, be sure to put down the name and the year of the festival. Also be sure you have cleared any necessary rights to screen at our festival)
7. For non-Japanese language films ,attach a script either in Japanese or English.

応募方法/Submission Method

募集要項をよくお読みの上、以下の2点を2021年5月10日(月) 5月20日(木)(消印有効)までに下記の住所まで郵送してください。(作品の直接持ち込みは受け付けておりません。)

1.応募用紙:所定の応募用紙(コピー可)に必要事項を明記し、必ずご署名をお願いします。書類の不備がある場合は選考の対象にならないことがあります。この募集要項と応募用紙は下記よりWordまたはPDFファイルでダウンロードできます。
2.応募作品(作品サンプルビデオ):作品サンプルビデオを2本、基本的にDVD-videoでお送りください(Blu-rayはお控えください)。DVD-videoは家庭用DVDプレーヤーで再生できるもの、データDVDは受け付けません。 またサンプルはお返ししませんので、オリジナル形式での送付はご遠慮ください。

応募用紙(日本語版)PDFダウンロード  募集要項(日本語版)WORDダウンロード

Submit the following two items by mail (in-person deliveries cannot be accepted). They must be postmarked by May 10 May 20, 2021.

1. Application Form
Fill out an application and make sure to put your signature on it. Incomplete applications cannot be considered. Please be sure your email address is correct, and write it clearly in block letters.
This form can be downloaded at http://www.shortpiece.com
2. Film
Submit two screeners in DVD format (no Blu-ray, please). It needs to be a DVD that will work in an ordinary DVD player rather than a data DVD. Works will not be returned so do not send originals.

Download:guideline.docx(in ENGLISH) entryform.docx(in ENGLISH)

応募先/Address

〒980-0821 宮城県仙台市青葉区春日町2-1
せんだいメディアテーク企画・活動支援室気付
仙台短篇映画祭実行委員会 公募係

Sendai Short Film Festival Executive Committee, Selection Staff
Sendai Mediatheque 7th Floor, activity support department
2-1 Kasuga-machi , Aoba-ku, Sendai, Miyagi
〒980-0821 JAPAN

作品選考/Selection

仙台短篇映画祭実行委員会による選考を5月から7月にかけて行い、上映作品決定後、仙台短篇映画祭ホームページ上で発表します。

Works will be selected from May to the beginning of July by the Sendai Short Film Festival Executive Committee. The list of selected films will be posted on the homepage of the Sendai Short Film Festival (http://www.shortpiece.com) and we will notify you via e-mail.

作品の上映について/About the Screenings

上映が決定した作品については、上映日に監督を本映画祭にご招待し、他のゲストもまじえてのトークセッションを行います。なお、上映に際しては、上映料・宿泊交通費を実行委員会よりお支払いいたします。
また、上映作品は「(仮)仙台短篇映画祭2019アーカイブ」DVDに収録し、せんだいメディアテーク映像音響ライブラリーに寄贈する予定です(DVD化に際しての諸権利については別途協議します)。

Directors of the selected films and other guests will be invited to the festival. During the festival they will be invited to participate in panel discussions and other events. We will also pay a screening fee, pay hotel expenses and provide travel support. For guests traveling from abroad, please contact us regarding travel expenses. In addition, the selected films will be saved to a Sendai Short Film Festival 2019 archive DVD and be donated to the sendai mediatheque multimedia library. (Rights regarding this DVD will be discussed at that time.)

上映環境/Screening environment

せんだいメディアテーク7階スタジオシアターは180席。
上映機材は、35mm:ジーベックスXP-3000、16mm:EIKI EX-6100、DLPプロジェクタ:パナソニックPT-DZ8700=対応メディア DV(SP, DVCAM), HDV,HDCAM,Blu-ray Disc,DVD-Videoです。
詳しくはせんだいメディアテークのホームページをご覧ください。 http://www.smt.jp

The cinema on the 7th floor of sendai mediatheque has 180 seats.
Films are shown on a 35mm projector : XEBEX XP-3000, a 16mm projector: EIKI EX-6100, DLP projector: Panasonic PT-DZ8700 which can be used with DV (SP、DVCAM), HDV, HDCAM, Blu-ray Disc, DVD-Video.
For more information, see the sendai mediatheque website. http://www.smt.jp

過去のコメンテーター

2004年:塩田明彦監督、2005年:篠原哲雄監督、2006年:古厩智之監督、2007年:長尾直樹監督、2008年:根岸洋之プロデューサー、2009年:井口奈己監督、2010年:熊切和嘉監督、向井康介氏(脚本家)、2011年冨永昌敬監督、2012年 沖田修一監督、守屋文雄氏(脚本家)、2013年入江悠監督、2014年直井卓俊プロデューサー、2015年林海象監督、2016年田中要次(俳優・監督)、2017年越川道夫氏(映画プロデューサー、監督)、2018年今泉力哉監督、2020年片桐はいり(俳優)

過去の選出者

( 「」内は主な監督作)
真利子哲也監督「NINIFUNI」、濱口竜介監督「なみのおと」、入江悠監督「日々ロック」、岩田ユキ監督「指輪をはめたい」、日向朝子監督「好きっていいなよ」、和島香太郎監督「禁忌」、内藤瑛亮監督「先生を流産させる会」、鈴木太一監督「くそガキの告白」、金井純一監督「ゆるせない、逢いたい」他

注意/Note

作品の取り扱いには十分に注意しておりますが、不測の事故による損傷・紛失等については責任を負いかねます。また、運搬中の破損・紛失等のトラブルに関して、実行委員会は一切責任を持ちませんので、ご了承ください。第三者からの権利侵害・損害賠償などの主張がなされたときは、応募者が自らの責任と負担で対処してください。主催者は一切の責任を負いません。

作品中で既成の音楽を使用する場合は、下記に問い合わせ、著作権等に関する所定の手続きを済ませてください。
日本音楽著作権協会
Tel.03-3481-2172(8mm・ビデオ作品)
Tel.03-3481-2173(16mm・35mm・作品)

作品中で音楽以外の著作を使用する場合は、下記に問い合わせ、著作権等に関する所定の手続きを済ませてください。
日本脚本家連盟内  日本著作権者団体協議会 Tel.03-3401-2317

上映作品については、仙台短篇映画祭実行委員会によって行われる事業における上映および広報・宣伝等に、その全部あるいは一部を無償で使用・複製できるものとします。この募集要項に明記されていない事項について、主催者の判断により決定されることがあります。その決定に了解できない場合、主催者からの通知後7日以内に、応募者は応募を撤回することができます。
応募用紙にご記入いただく際、連絡先メールアドレスはお間違いのないよう、楷書ではっきりとお書きください。

Although we will take care of handling submissions, the Executive Committee does not take responsibility in case of accidental damage to, or loss of, entries.
Also the Executive Committee assumes no responsibility for any losses or damage incurred in transit. Any damages claimed by a third party are the applicant’s own responsibility. If you use a piece of music or writing made by others , you must obtain the necessary copyright.
For further information, please see the contacts below.

Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers (JASRAC)
03-3481-2172 (8mm,Video)
03-3481-2173(16mm,35mm)

WRITERS GUIDE OF JAPAN 03-3401-2317

Sendai Short Film Festival Executive Committee has the right to use all or part of the footage of selected films for promotion and publicity purpose of the events organized by the Committee.
The Committee reserves the right to make rules beyond those stated here.
You have the right to withdraw your entry if you have an objection to any rule included here within seven days of being notified of it.

お問い合わせ/Contact

お問い合わせは下記までE-mailでお願いします。

仙台短篇映画祭実行委員会 公募係
E-mail:

For inquiries please email the Sendai Short Film Festival Executive Committee in Japanese or English at

© 2001-2021 仙台短篇映画祭実行委員会