新しい波・宮崎大祐 - 仙台短篇映画祭 2022
Dプログラム

6/26(日) 11:00−13:00新しい波・宮崎大祐

『VIDEOPHOBIA』が映画芸術の年間ベストテンに選出されるなど、その才能に注目が集まる宮崎大祐監督の短編を特集。アフタートークにはいがらしみきおさんが登場。

ざわめき2019年/13分

監督・プロデューサー:宮崎大祐
©️DEEP END PICTURES
あらすじ
「大和」に住む「佐々木」は、親友の「鈴木」とカラオケ・ボックスで遊んでいる最中、いまだ顔も知らぬメル友「天然水」に、「今日会えないか」と聞かれる。その日は佐々木の誕生日だった。


I’ll Be Your Mirror2022年/10分

監督・プロデューサー:宮崎大祐
©️DEEP END PICTURES
あらすじ
大阪からやってきたアイとユウはふたりでひとりだった。ふたりはひとりでタツヤと住んでいた。ふたりにタツヤはコロナが終わったら旅に出ようなどと語る。


ヤマト探偵⽇記/マドカとマホロ2022年/23分

監督・脚本:宮崎大祐|撮影:⽊津俊彦|録⾳・整⾳・サウンドデザイン:⼭﨑巌|編集:⽥巻源太|⾳楽:井⼿健介「⼈間になりたい」
©2022ヤマト探偵⽇記/ マドカとマホロパートナーズ
あらすじ
マドカは最近ようやく職にありついた。その仕事とは探偵業。マドカにはじめて与えられた仕事は、夫を置いて家出した⼥性の捜索だった。


Caveman's Elegy2021年/20分

出演:清水尚弥、芦那すみれ|企画・製作:樋口泰人|プロデューサー:樋口泰人、仙頭武則、佐藤公美、宮崎大祐|撮影:中島美緒|照明:松田 直子|音響:⻩永昌|編集:平田⻯馬|音楽:井手健介、清岡秀哉|主題歌:井手健介「人間になりたい」
© 2021 boid / VOICE OF GHOST
あらすじ
新型コロナウィルスが蔓延する世の中。住居を転々として暮らす男は、ある日、いつも口ずさんでいた歌を思い出せなくなる。その夜の宿には先客がいた。その女もわけあって家を出て、男の親友である弟の家に身を寄せていた。男は看護師である女と話しているうちに、あることに気づく。

宮崎大祐 みやざきだいすけ

早稲田大学卒業後、映画美学校を経てフリーの助監督、脚本家として活動。近年では『大和(カリフォルニア)』、『TOURISM』、『VIDEOPHOBIA』、『MADE IN YAMATO』の一編を監督した。



いがらしみきお

1955年宮城県中新田町(加美町)に生まれる。24歳で漫画家デビュー。代表作に「あんたが悪いっ」(1983年漫画家協会賞優秀賞)、「ぼのぼの」(1988年講談社漫画賞)、「忍ペンまん丸」(1998年小学館漫画賞)、「I」、「羊の木」(2015年文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞)、「誰でもないところからの眺め」(2016年漫画家協会賞優秀賞)など。現在は「ぼのぼの」がフジテレビ系列でアニメ放映中。仙台市在住。

© 2001-2022 仙台短篇映画祭実行委員会