新しい才能に出会う - 仙台短篇映画祭 2021
Hプログラム

9/20(月・祝) 13:45-15:45新しい才能に出会う

仙台短篇映画祭を代表するプログラム。
今年は公募48作品の中から皆さんにぜひ観ていただきたい3本の作品を上映いたします。
力のこもった力作3作品をお楽しみください。
コメンテーターは映画批評家の相田冬二さんです。

ニヒル2021年/日本/カラー/11分

あらすじ
アイザック・ニュートンはペストの流行を逃れて田舎に帰り、りんごの実が庭の木から落ちるのを見て、万有引力の法則を発見したらしい。コロナ禍の世界。田舎に帰った芸大生の女は、中学の時の担任だった数学教師とすれ違う。過去の不条理な出来事を思い出し、静かに怒りが爆発する。
山川智輝 やまかわともき

1994年岐阜県生まれ。専門学校名古屋ビジュアルアーツ映像学科卒。2016年に「瓜二つ」が19th CHOFU SHORT FILM COMPETITIONグランプリ、第20回水戸短編映像祭コンペティション部門準グランプリを受賞。2020年に「Blue/Orange」が第22回長岡インディーズムービーコンペティション奨励賞を受賞。



SHIBUYA,TOKYO 16:302020年/日本/カラー/15分

あらすじ
映画監督を志す主人公・蒼は、プロデューサー・鳥海に長編映画の脚本を持ち込む。鳥海の事務所を訪れ、念願の打ち合わせに臨む蒼だが、意気込んでいた方向には話は進んでいかない--。
大富いずみ おおとみいずみ

秋田県秋田市出身。
映画製作会社に勤務しながら様々な映画作品に英日通訳や演出部などで参加したのち、独立。
初監督長編『JUDAS』がモントリオール世界映画祭で上映された。ショートフィルムやWeb CMの演出も務める。



誰のための日2021年/日本/カラー/16分

あらすじ
京香は母親の三回忌、親戚を集めた食事会を開いた。妹の由梨は参加するも不機嫌なまま。 帰宅後、京香が由梨の態度を注意したことをきっかけに、お互いの生き方を理解できず言い合いはヒートアップしてしまう。
【9/7追記】ゲストが変更になりました。
里内伽奈 さとうちかな

1994年東京都出身。早稲田大学卒。俳優として活動中。今作が初プロデュース作品であると共に、脚本・主演も務める。映画・ドラマ・舞台に出演する他、日本テレビ『ZIP!』ではリポーターとして出演中。

© 2001-2021 仙台短篇映画祭実行委員会